池袋セントラルクリニック:池袋東口徒歩3分のクリニック。美容外科、美容皮膚科、形成外科(保険診療)、皮膚科(保険診療)、内科(保険診療)、麻酔科。各種専門外来(ED・GID・育毛)あります。池袋セントラルクリニック:池袋東口徒歩3分のクリニック。美容外科、美容皮膚科、形成外科(保険診療)、皮膚科(保険診療)、内科(保険診療)、麻酔科。各種専門外来(ED・GID・育毛)あります。 池袋セントラルクリニック:池袋東口徒歩3分のクリニック。美容外科、美容皮膚科、形成外科(保険診療)、皮膚科(保険診療)、内科(保険診療)、麻酔科。各種専門外来(ED・GID・育毛)あります。
池袋セントラルクリニックTOP 池袋セントラルクリニック ご案内ー池袋セントラルクリニック 料金池袋セントラルクリニック 求人池袋セントラルクリニック お問い合わせ 池袋セントラルクリニック Link 池袋セントラルクリニック 動画・ビデオクリップ
 
 
 



コンドームに穴があいたり破れたり…中出しされて、避妊に失敗した場合、貴女はどうしますか?次の生理が来るまで、ただ祈りながら不安な日々を待って過ごしますか?…そんな不安な貴女に今は、緊急避妊薬があります。…セックスした時から72時間以内なら、 緊急避妊ピルを特定の時間間隔で2回内服するだけで、約80%ほどの確立で妊娠を回避 することができます。




避妊に失敗したと思った場合、直ちに御来院下さい。まず当院では、初めに妊娠検査をしていただきます。既に妊娠している場合、緊急避妊薬を使用すると現在、存在している胎児に悪影響を及ぼす危険性があります。また、以前のセックスですでに妊娠している場合は、 避妊の効果は、ありません。それでは、妊娠検査で陰性だった場合ですが、すぐに処方薬を2錠を内服します。その後、12 時間後にもう2錠服内服するだけです。内服後は4〜5日 から3週間の間に生理(出血)があります。もし3週間たっても生理(出血)が来ない時は、妊娠の可能性があります。その時は、必ず産婦人科を受診しましょう。




緊急避妊薬を使いますと一時的に様々な副作用を伴う事があります。多くは、悪阻(つわり)の様な吐き気や強い腹痛、生理の出血が大量となり貧血を起こすなど様々ですが、余りに症状が強く辛い場合は、御来院下さい。また緊急避妊薬による避妊方法は、あくまで緊急の避妊法です。一般的な避妊法では、ありません。緊急に回避する為、中用量ピルを使用します。従いまして、この避妊法を頻回に常用する事は、正常な月経周期を崩す事になります。それにより体調が非常に悪くなる事があります ので注意が必要です。またこの緊急避妊法を行ったからといって、その月経周期中の避妊が、確立されるわけでは、ありません。その後のセックスでは、効果がありませんので薬を内服後は、次の生理(出血)があるまでは必ずコンドーム等の避妊法を必ず行ってください。尚、初めに述べたように緊急避妊薬による避妊方法は、100%の避妊を保証するものでは、ありません。確率的には、約80%の可能性です。その点を注意し了承した上で行っていただ きます。





用量 価格
1セット    13,540円〜19,480円
内容    
料金に含まれるもの 診   察
妊娠検査
薬   代


 
 
   東京都豊島区南池袋2-26-7 城北ビル 6F TEL 03-5911-7262
 
icc@ikecen.com
  doctors_file